離婚時における不動産名義変更

不動産名義変更についてのご説明

離婚時の財産分与における不動産名義の変更には、離婚前と離婚後の二つのケースが考えられます。

離婚時における不動産名義変更

相続や売買以外で不動産の名義を変更するケースとして、近年増えつつあるのが離婚時の財産分与における不動産名義の変更です。

たとえば離婚により夫が家を出て妻と子がその家に住み続ける場合などは不動産の名義を妻の単独名義とすることができます。

注意すべき点は、離婚にともなう財産分与の場合は課税されるということです。

あと抵当権が設定されている物件の場合、夫婦のみの合意だけでなく抵当権者にも承諾を得なければなりません。

離婚に伴い不動産を財産分与する場合ですが、夫に対して譲渡所得税が発生する場合があります。

ただし、購入金額を上回る金額で譲渡した場合のみですので、ほとんどの場合は摘要されることはありません。

その上、離婚成立後の所有権変更であれば、親族間の売買にあてはまらないため、特別控除の適用ができる可能性があります。

抵当権が設定されている不動産における名義変更ですが、法律上では抵当権者の承諾を必要とはしていません。

しかし銀行などにローンがある場合、契約書上に不動産名義を変更する際の注意として事前に抵当権者への承諾を必要としている場合がほとんどです。

まずは自分たちのケースでどう動くのが一番最適であるかを考え、必要であれば専門家に相談しながら進めていくことが大切だと言えるでしょう。

Copyright (C) www.vikramonline.info. All Rights Reserved.

不動産名義変更についてのご説明