不動産名義変更時のトラブル

不動産名義変更についてのご説明

不動産名義変更でトラブルの一番の原因は「遺産分割協議」時です。このようなトラブルを避けるために生前に遺言書等である程度相続の道を作ることも必要であるといえます。

不動産名義変更時のトラブル

不動産名義変更にともなうトラブルでよく聞かれるのは、遺産相続時のトラブルでしょう。

相続による不動産名義の変更をする場合として「法定相続」「遺産分割協議」「遺言書」の3パターンが考えられます。

「法定相続」とは法律により財産を共有することです。

そのため共有名義での不動産名義の変更を行うこととなります。

「遺産分割協議」による相続では、相続する人間が全員で遺産分割協議を行い、財産の所有を決めることになります。

遺産分割協議では法律に関係なく、協議で決めるために問題が発生することが多くみられます。

相続における不動産名義変更で問題がある場合のほとんどが、この「遺産分割協議」で発生するといっても過言ではないでしょう。

最後は遺言状による相続です。

こちらは故人の遺志がひきつがれる一番の方法でしょう。

日本では不動産を有益な資産として大切にする風潮があります。

不動産は資産価値としても大きな物でもありますが、その人が生きてきた努力の証でもあります。

できれば問題なく相続する人達の間にシコリを残さないよう、問題にならないためにも、生前にしっかりとした遺言状を残し、自分で相続の道を残していくのもある程度必要ではないでしょうか。

Copyright (C) www.vikramonline.info. All Rights Reserved.

不動産名義変更についてのご説明